トレーダーMarikuの株システムトレード実践記

株システムトレードで経済的自由を勝ち取ることを目指します。

 

運用戦略

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

新戦略投入

◆新たに5つの戦略を投入
 明日から新たな戦略を5つ投入します。
 現在3つですので、計8つになります。

 最近の不調のせいで気が変になったわけではなく、
 (いや、もしかしたらおかしくなったのか?)
 一応それなりの検証を経たうえでのことです。

 もっとも、今の順張り買い戦略2つが
 これまでどおりメインであり、追加の戦略は、
 その2つの戦略のサインが出ないときや、
 苦手な相場の時期に補完することを
 主な目的にしています。

 一応、各戦略の概要です。
戦略概要20141116

◆スイングトレードの概要
 クリック証券での主力は
 安値圏順張り買いの「Rising Sun」で、
 その裏戦略として
 「Reverse_Rising Sun(RS)」の
 買い<L>と売り<S>です。

 ついでに「Rising Sun」のロットも調整しました。
 1銘柄に当てる資金を小さくして
 銘柄数を増やすようにしています。

 「Rising Sun」単体での今年の成績です。
Rising Sun20141114

 裏戦略と合わせると
Rising Sun20141114②

 ちなみに「Rising Sun_Neo」は新興市場専用で、
 「Rising Sun」と基本的なロジックは同じですが、
 パラメータを少し調整し、ロットを小さくしています。

◆デイトレードの概要
 カブドットコム証券はデイトレ専用にします。
 主力は「DayDream」でこれまでと変わらず、
 その裏戦略として
 「Reverse_ DayDream(DD)」の
 買い<L>と売り<S>です。

 「DayDream」単体での今年の成績です。
DayDream20141114

 裏戦略と合わせると
DayDream20141114②
 
◆果たして何戦略生き残るか?
 5つ一気に投入したとはいえ、
 相変わらず約定率の低い戦略ばかりです。

 退屈だのなんだのと言いながらも
 シグナルを厳選するやり方が
 意外と自分に合っているようです。

 数ヶ月後、戦略数が減っていたら
 笑ってやってください。

 苦手な売り戦略を2つも入れるなんて、
 本当に大丈夫か、自分?

スポンサーサイト

逆張り買い戦略の見直し

 運用中の戦略ではひとつだけの逆張り買い戦略
 「Quick Counter」ですが、
 ちょっと気になることがあり、見直しを行うことにしました。

 と、いっても仕掛けと手仕舞いのロジックはそのままで、
 仕掛け金額の見直しです。

 ちょっと気になること、というのは、
 最近のイザナミのバージョンアップ後に検証を行ったところ、
 今年の成績がけっこう悪化してしまったのです。

 よくよく見てみると、1月の終わりのある1日に
 数銘柄で大きな損失を出しています。

 しかし、エクセルで別に作っているトレードの記録では、
 その日はそんな銘柄に仕掛けてもいませんでした。

 結局、原因はまだはっきりとは分かっていないのですが、
 それよりも感じたことは、
 何かちょっとしたことで成績が大きく変わってしまう、という現実です。

 幸い、その後は順調に成績を伸ばしているのでよかったのですが、
 逆張りは特にリスクマネージメントに気を使わないといけないと
 改めて思いました。

 そんなわけで、「Quick Counter」の仕掛け金額を
 以前より小さくすることにしました。

 最近、相場のボラが少ないせいなのか、
 運用戦略にあまり動きがなく、退屈しがちではあるのですが、
 ここはぐっとこらえて慎重にいってみます。

戦略の見直し(続きの続き)

 見直しを始めたとたんに順張り買い戦略たちが盛り返したために
 悩ましい状況になっています。

 一方、売り戦略については、
 証券会社に手数料を寄付しているだけのような結果になっており、
 あまり存在意義がない気がしています。

 とりあえず、順張り買い戦略の方は、
 相場状況の判定(トレンドフィルター)と最適分散投資を
 いろいろ試しながらゆっくり検証していくとして、
 売りについては当面停止しようかと思っています。
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。