トレーダーMarikuの株システムトレード実践記

株システムトレードで経済的自由を勝ち取ることを目指します。

 

トレードスタイル

スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

ブログの休止について

本日をもって、当ブログの運営を休止することとしました。

もともとはわりと軽い気持ちで、
それこそ日記や備忘録みたいな感じで始めたブログでした。

途中から日々のシステムトレード成績の掲載を始めたのですが、
システムトレードは時に退屈極まりない状態になることがあり、
自分の成績をあえてさらすことで、緊張感が保てるのでは、
と考えたことがその理由でした。

ブログを続けていたことで、
他のトレーダーさんと多少交流させていただいたり、
詳細は書けないのですが、興味深いオファーをいただいたりなど、
ブログを書いていなければできなかったであろう経験ができたと思います。

ただ、最近は、自分の成績を公開することで緊張感を保つ、ということが、
「慣れ」という強敵のために達成できなくなってきてしまい、
更新自体がルーチン化して面白味にも欠けていました。

また、せっかくブログを書くなら、
単に成績を載せるだけではなくて、
もっと本質的なことだったり、トレードのアイデアだったり、
そんなことを書いていければ、と思っていました。

そんなわけで、今年の5月から別のブログを立ち上げております。

内容的には、トレード初心者やこれからトレードを始めようという人、
トレードであまりうまくいっていない人をイメージして書いています。

当ブログに来てくれている方は、
ご自分のスタイルを確立されているトレーダーの方が多い印象でしたので、
あまり参考にはならいかもしれませんが、
一応リンクを載せておきます。

メインブログ
TRADE STYLE

サブブログ
TRADE STYLE(アメブロ)
(基本的にはメインと同じ記事ですが、雑記も入れたりします。)

ツイッター



当ブログでは、やや惰性的に日々の損益を載せるだけになってしまい、
打ち切るタイミングもつかめずにいたのですが、
今年の取引がすべて終了したことをもって、
終わりにしたいと思います。

今後は、日々の損益を載せていくつもりはありませんが、
週単位か月単位ぐらいでは載せるかもしれません。
(その場合は、サブブログの方に載せます。)

それでは、今までどうもありがとうございました。
スポンサーサイト

トレードにおけるマインド

今日も子育て日記にしようかと思いましたが、
あんまり続くと何のブログだか分からなくなってしまうので
今日は(珍しく?)トレードに関しての話にします。


システムトレードにおける重要な要素として、
期待値プラスの売買ルールはもちろんのこと、
資金管理やメンタルの強さ、
それから確率・統計の考え方など、
いろいろとあると思います。

人によってそれぞれ重きを置く部分は違うとは思いますが、
どれも重要な要素であることは確かだと思います。

ただ、自分が思うのは、
そういった売買ルールや資金管理とかよりも
もっと重要な、と言ったら語弊があるかもしれませんが、
それ以前の問題があると思っています。

それが、記事タイトルにもある「マインド」の問題です。

ここで言っているマインドとは、
トレード時の心理状態を指すメンタルとは違って、
トレードへの心構えとか、相場と向き合う姿勢、
といった意味で使っています。

多くの人が相場の世界に足を踏み入れては
不本意な形で去っていく。
その背景には、このマインドの問題があると思っています。

不労所得が得られるとか、
システムに従うだけでいいとか、
うまくいかないのはあいつのせいだとか、

そういったマインドの人たちは遅かれ早かれ消えていくでしょう。


相場って命の代わりにマネーを奪い合う戦場です。
あなたの勝ちは他の誰かの負けによってのみ成立する。
そしてこの世界ではプロも初心者も同じ土俵で勝負、
初心者コースなんてありません。

それを考えたら、楽して儲かるとか、
そんな甘い世界じゃないことは分かりますよね。

でも最初はみんな甘い気持ちで入ってくる。
それは仕方がないと思うんです。
だって投資やトレードの教育なんて日本にはありませんから。

そしてマーケットの洗礼を浴びてしまう。


きっと、成功と失敗の最初の分かれ目はここになると思うんです。
ここでマインドをセットしなおすことができるかどうか。

なんだ、儲からないじゃん!
と言って相場の世界を去る人はまだ幸せ。

この手法じゃダメだ。あいつの言ってることはでたらめだ。
本当に儲かる手法を探さないと!
と言って、永遠にゴールのない旅に出る人。
この人は資金が尽きるまで相場の内外でカモにされます。


ここで自分の失敗について、自分の責任であると認識して、
マーケットと真剣に向き合い、学ぶことができるか?

自分で意識しているかどうかは別にして、
そういうマインドを持てた人が次のステージへ進みます。

そしてそこが本当のスタート地点。
売買ルールや資金管理の出番になってきます。

多くの人がトレードに対して甘い幻想というか、
誤った妄想を抱き、その結果、
スタート地点にすら立てず消えていく。
もしくはカモにされ続ける。

それが現実かな、と思っています。

トレードを続けるためには余裕資金と・・・

トレシズさんが

2014年にシストレ運用停止に至ってしまった場合には?

という記事の中で、
「シストレに投入する資金は、捨てたものとして考える」
と書かれていました。

まさにその通りだなぁと思っていまして、
自分もトレード資金については、
お金なんだけどお金じゃない、みたいな感覚でいます。

まず、トレード資金と生活資金は
完全に分けてしまっていて、
基本的に出入りはさせていません。

トレードで利益を出しても
それで何か欲しいものを買う、
とかは全くないです。

反対に、生活資金で余裕が出たとしても
トレード資金に回すことは現在はしていません。

そのため、自分の中でも全く別物
という認識になっているんです。

生活資金で1万円の支出があると
高いなぁ~と思いますが、
トレード資金で1万円の損失があっても
ふ~んって感じです。

この感覚のおかげで、
ドローダウンがあっても
結構耐えられるのかもしれません。

とは言うものの、
捨てたものとして考えるからといって、
ギャンブル的なトレードをするわけにはいきません。

なぜなら、
本当にトレード資金を無くしてしまったら、
生活には困ることはなくても
好きなトレードを続けられなくなってしまいますから。

トレードを始める人は
もちろん儲けたくて始めるんでしょうけど、
結局のところ、好きでないと、楽しくないと
続けられないんですよ。

日々やることは、
地味に検証、仕掛け、手仕舞いの繰り返し。

基本的にはドローダウン期間の方が長くて
マーケットにお金を寄付している気分。

好きでもなかったらしんどくてやってられないです。

結局のところ、
トレードを長く続けていくために必要なことは、
捨ててもよいと思えるくらいの余裕資金と、
捨てたくないと思えるくらいトレードが好きであること、
なのかなぁと思っております。

上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。